自律神経について

ごあいさつ

自律神経とは

私たち人間の体にはすべての神経のコントロールタワーとしての役目をしている中枢神経と、その中枢神経から枝分かれして全身に広がる末梢神経があります。
自律神経は、この末梢神経に属しています。

末梢神経は、「自律神経」と「体性神経」の二つに分類され、体性神経は感覚や運動をつかさどる神経で、「感覚神経」と「運動神経」があります。

一方、自律神経は、内臓の働きをつかさどる神経で、この自律神経は本人の意識とは無関係に働いており、体の同じ器官に対してそれぞれ反対の方向に働く「交感神経」と「副交感神経」に分類されます。

交感神経と副交感神経の働き

交感神経の動きのイラスト

交感神経は体を活動的にするために働く神経であり、交感神経が働くと血圧が上昇し瞳孔が拡大して体は興奮状態となります。

副交感神経のイラスト

一方で副交感神経は、交感神経とは反対の働きをします。交感神経が働き続けると眠ることなどができなくなりますので、今度は副交感神経が心と体を休めるように働きます。

副交感神経が働くと血圧が下がり心拍数は減少し瞳孔は収縮します。

自律神経のバランスが崩れるとどうなるか?

このように、体を活動的にする交感神経と体をリラックスさせる副交感神経がバランスをとりながら働いているため健康が保たれています。

ところが、仕事や人間関係などでストレスを抱えていたり生活リズムが乱れると交感神経だけが強く働いている状態となり、夜に眠ろうと思っても副交感神経とうまく切り替わることができなくなって自律神経のバランスがくずれ全身に様々な不調があらわれるのです。

自律神経は全身の臓器をコントロールしているため、そのバランスがくずれると体や心にさまざまな不調があらわれます。

身体的症状として

慢性的な疲労、だるさ、めまい、偏頭痛、目の乾き、口やのどの異物感、、動悸、冷え、ほてり、不眠、便秘、下痢、微熱、耳鳴り、立ちくらみ、頻尿、残尿感

精神的症状として

不安感、憂うつ、疎外感、イライラ、落ち込み、感情の起伏が激しくなる記憶力や集中力の低下、無気力、意欲の低下

これらの症状の現れ方も人によってさまざまです。一つの症状が長く続く人もいれば、同時にいくつもの症状を抱えている人・症状が日によって現れたり消えたりを繰り返す人もいます。

原因

自律神経失調症は、交感神経と副交感神経のバランスが乱れることによって起こるものです。それでは、なぜこのバランスが乱れるのでしょうか?

これには、いろいろな要因が複雑にからみあっているといわれていますが、大きく分けると「内的な要因」と「外的な要因」に分けられます。

内的要因(体質、性格、考え方、不規則な生活習慣など)

これは、ストレスに弱く少しの刺激で自律神経のバランスが乱れやすい体質の人や几帳面で心配性であったり傷つきやすい性格の人などのことです。

  • 交感神経が緊張しやすい
  • アレルギー体質
  • 虚弱体質
  • 子供の頃からすぐ吐く、下痢しやすい
  • 環境が変わると眠れない
  • 乗り物酔いしやすい

外的要因(社会状況、職場環境、家庭環境、対人関係、気候、騒音など)

外的要因とは、私たちの体や心に影響を及ぼすさまざまな外部の要因のことです。人間関係、職場環境、家庭環境、気候、騒音などが外的要因となります。

このように内的要因と外的要因が複雑にからみあって起きていて、原因がはっきりしにくいものが自律神経失調症の大きな特徴です。

自律神経失調症の4つのタイプ

自律神経失調症には4つのタイプがあります。

心身症型自律神経失調症

仕事や人間関係などのストレスが背景となって体の症状としてあらわれるのが「心身症」です。心身症には、検査をすれば器質的な異常がみられるものが「器質性心身症」となり、検査をしても器質的な異常が認められないものが心身症型自律神経失調症になります。

このタイプは、体質的にストレスに弱い人、強いストレスを受ける人などが発症しやすいようです。

神経症型自律神経失調症

不安や心配などから自律神経のバランスが乱れ、さまざまな不調を訴えるのが神経症型自律神経失調症です。
神経症は、不安神経症(パニック障害)、心気症などがあります。

このタイプは、性格と密接な関係があり、一つのものに固執・執着したり几帳面な人や他人に対する依存心が強い人などが発症しやすいようです。

抑うつ型自律神経失調症

身体的な不調を訴えているが、よく問診をすると抑うつ気分が隠れているタイプ。何をするにもやる気が起きない、漠然とした不安感などの精神症状を伴います。

このタイプは、もともと神経が過敏で些細なことで不安になったり責任感が強い人などが発症しやすいようです。

本態性自律神経失調症

生まれつき自律神経のバランスが崩れやすいタイプです。虚弱体質や低血圧の人に多いようですが、実際にはこのタイプに罹る人はごくわずかしかいません。

治療法

まず何科を受診すればよいか

自律神経失調症は、全身のさまざまな不調があらわれるため、内科や耳鼻科などいくつもの身体科へ行きますが、そこで身体検査をしても異常がなければ「異常ありません」「気のせいでしょう」と言われて片付けられてしまうこともあります。そのため、体と心を総合的にみてくれる心療内科へ行かれることをおすすめします。心療内科ではじっくり時間をかけて診療をしてくれるところを探しましょう。

代表的な治療法

●薬物療法

症状が辛いときなどは、その症状をやわらげるため
薬物療法を行います。

薬物療法は、対症療法としては非常に有効ですが、
長期間服用することで薬物依存を起こしたりする可能性が
ありますので薬に頼りすぎないようにしましょう。

使用される主な薬物

  • 抗不安薬
  • 自律神経調整薬
  • 睡眠薬
  • 抗うつ薬
  • ビタミン剤
  • ホルモン剤
●心理療法

自律神経失調症などの心因性の病気は、病気の背後にひそんでいる心理面へのアプローチが重要となってきます。医師などと時間をかけて話すことで、あらゆる面から病気のもととなる問題を探しだします。

心理療法には、たくさんの技法がありますので、自分に合った治療法を医師などと一緒に選んでいくことが大切です。

心理療法の種類

  • 自律訓練法
  • 内観法
  • バイオフィードバック法
  • 森田療法
  • 交流分析
  • 行動療法
  • 簡易精神療法
●漢方療法

自律神経失調症など全身の様々な不調があるのに病院へ行っても身体に異常がなく治療をしてもらえないこともある病気には漢方薬はよいかもしれません。
機器検査に頼りがちな現代医学と異なり、漢方療法は本人の体質や病状の訴え、精神状態などを十分考慮して治療していくからです。

漢方では、心身の気(精神的変調)、血(血液、心臓、肝臓などの変調)、水(体液、代謝の変調)のバランスを整え、自己治癒力や免疫力を高めることを目的としています。

漢方薬は穏やかに作用し、副作用も少ないと思われがちですが、漢方薬にも人によっては合わなかったり、副作用が出る場合がありますので、専門医などに相談して服用してもらうことが大事です。

●指圧やマッサージなどの理学療法

自律神経失調症は、交感神経と副交感神経のバランスがくずれて神経が長時間緊張しています。そのため、血流の流れが悪くなって肩がこったりしますので、指圧やマッサージなどで症状を緩和させます。

●音楽療法やアロマテラピーなど五感に働きかける治療法

音楽療法は、副交感神経を刺激しリラックス効果を得るなど心の状態を改善するのに有効です。 また、音楽を聴くと免疫物質が増加し、ストレスホルモンは減少する結果が出ており、科学的な効果を立証する研究が進んでいます。音楽療法には特にクラシックなどがよいそうです。

●ライフスタイルの見直し

人間には朝起きて夜休息する生体リズムが備わっていますが、現代の社会では夜遅くまで働いたり、睡眠が不規則だったりすることで常に交感神経が優位な状態になり、自律神経のバランスが取りにくくなっています。

働く時間を減らすのは難しいかもしれませんが、質のよい睡眠と栄養バランスのよい食事、適度な運動などで心身のバランスを整えることが病気を予防するうえでも非常に重要です。

心の健康を維持するためには

  • 1日の生活リズムをつくる
  • 自分に合った睡眠時間を確保する
  • 就床時刻にこだわりすぎない
  • 栄養バランスのとれた食事を心がける
  • からだを動かす習慣をつける
  • 感情のエネルギーを発散させる
  • 心身の不調にこだわりすぎない